無職のオタクにっき

ぐだぐだと自分の事を書いてみるブログ
半分以上は自分の日記帳だけど。
その時々で思った事、書きたいことを自己満足に書いていくだけ。

現在無職。
元々アニメとアウトドアな事を書くつもりだったけど、結局ほぼオタ活動について書いちゃう。

あとこれ読んでる人ってどういう経路を来たのだろう?
時間奪ってごめんなさい。

ミリマス>Fatego>デレステ

まぁ最近やってるソシャゲの話です。



アイドルマスターシンデレラガールズは、モバゲー時代に実装初期からやってたんですが、学校卒業して暫くして疎遠になってました。そんな時にアニメ化されてましたね。

まゆですよぉ。



だけど私は、島村卯月ちゃんの「頑張ります!」がどんどん辛くなり、天海春香さんの二の舞になっていくのが辛くて途中で視聴を断念。
それから今年になり5thライブに行った友達から「まゆが見えた・・・」と訳の分からない事を言われ、初めてのLVに参加。


俺「まゆが見えた。」


まぁ上の画像見てもらえる通り、まゆが実装された時からまゆ一筋の私には牧野由依さんは刺激が強すぎた。今まではまゆというキャラが好きなのだから声優なんて必要ない、CDも聞きたくない。というスタンスだったのですが、今回のライブで牧野由依さんの演技に少しだけ魅了されました。
牧野由依さんの後ろにまゆがいた。というよりまゆだった。
スタープラチナよりもホワイトアルバムみたいな装着型のスタンドみたいなイメージ。
そんなこんなでデレマスに再びハマりアニメも気合い入れて視聴し、まゆの可愛さを再確認、一年前くらいにデレステもスカチケまゆ手に入れて放置していたので、Rest@rt。


けど最近は完全にミリマスががが・・・




んー次はFateで。(ネタバレあるよ)
Fateも初期勢なのですが、ここ最近はやる気も起きずに基本放置でイベ時と新章公開時にだけ林檎モッシャモッシャ食べながらやってます。
最近だと亜種平行世界 屍山血河舞台下総国が更新されましたね。
少し前に桜パールヴァティーが実装されて脳死でガシャ回すのぉぉぉぉ!だったので、今回で村正実装されなくて良かったなって。
英霊剣豪七番勝負
勝負一番ランサー・プルガトリオ 一切穿道 宝蔵院胤舜から始まり
勝負最終セイバー・無名 我流 佐々木小次郎
の流れの熱さはやばかった・・・




ーぶつかる刃と刃、力も技もおよそ互角。



否、時間と空間と存在と概念を超越せしめる両者の剣は、まさに対極にあるものだった。



かたや無二を超えようとする零の剣。
それはいわば”ただ一つの正解”を目指す道。
”有限”の剣である
それが武蔵の”零”。
たとえ神仏であろうと避けられる”結末”を確定させる剣。



かたや多重に連なる分け身の剣。
それはいわば”多くの可能性”を認める道。
”無限”の剣である
それが小次郎の”燕返し”
たとえ神仏であろうと躱せない”未来”を編み出す剣。



無限の領域。
或いは、無の領域。
時間も無く、空間も無く、
因果も無く、善悪も無く、
それは刃に魂を載せて疾らせる者だけが到達する、
無念無想の境地か。
或いは・・・
死にゆく凶人が目にする穢土の顕れ、夢想の果てか。





ちょこちょこ省略してるけど、ここ滅茶苦茶に熱かった。
今回のは、武蔵ちゃんが空の領域(魔術師でいう根源?)に到達するための物語で、剪定事象の平行世界からやってきた女の武蔵ちゃんだからこそ、こんな物語が作れたのかなって思った。男の武蔵は殺して殺して空の領域に到達しているからね。(ちなみに小次郎も空の領域に到達している。)
というより台詞の言い回しとか今回大分かっこよくておもしろかったです!おわり!
メカエリ集めなきゃ。




そいや今日キノの旅のアニメ見たけど、懐かしかった。
あれも桜じゃなかったかな?ほんと懐かしい。



HFの話もめちゃくちゃしたいんだけど長くなりそうだからまた今度。


ミリマスのことはもっと喋りたいからそれも今度。



つか日本語がおかしい?
オタクが早口で喋ってる時は語彙力Downの状態異常にかかってんだよ!
言わせんな恥ずかしい///でわまた





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。