無職のオタクにっき

ぐだぐだと自分の事を書いてみるブログ
半分以上は自分の日記帳だけど。
その時々で思った事、書きたいことを自己満足に書いていくだけ。

この前まで無職。
元々アニメとアウトドアな事を書くつもりだったけど、結局ほぼオタ活動について書いちゃう。
最近はFategoの話題多め。
ガチ勢ではありませんが考察含め、思ったことを書いてます。原作からのファンなので色々と考察渋って楽しい。

あとこれ読んでる人ってどういう経路を来たのだろう?
時間奪ってごめんなさい。

絶対魔獣前線 バビロニア(今更感)

はい
ということでエレシュキガルの話するよ!というよりFate関係。


いやまぁ第七特異点 絶対魔獣前線 バビロニアやったのも一年前なのでまぁ覚えてないよね。覚えてるのは、夜とかにイシュタルと変わって主人公と会話してたのが超絶可愛いよね。あの時はデレ多めだった気がする。
イシュタルと同一存在というか裏側だから凛の姿。
ギルガメッシュを衰弱死させた時は笑ったなぁ。
確かにあの時のギルガメッシュは働きまくってたから、死んで納得した。
んでギル助けに冥界に行くために地下に行ったんだってけな。うろ覚え。


最後は結局、ティアマト戦で冥界での権限で主人公たちを強化してくれたなぁ。
ティアマトは人類悪の一つで回帰?だっけのビースト。

cvは悠木碧だっけな。好き。後イメージは黒桜をモチーフにもしてるらしいよ。腕のところとかまんま桜だよな。ホロウでの最終戦闘のところ。
人類悪との戦闘はメチャクチャ暑かったよなぁ・・・エレシュキガルに助けてもらって、マーリンは本体がアヴァロンから直接出向いてくれて、山の翁によって死の概念を付加されて、死んだギルガメッシュが全盛期で登場する。

こういう時って神聖円卓領域キャメロットもだけど、最終戦闘は関係する鯖を使ってラスボス倒したくなるよね。

今までの特異点を一緒に戦ってきたマシュと
Fateの顔であるセイバー
バビロニアの賢王ギルガメッシュ
もう一人のゴルゴーン、アナ
そしてイシュタル。
後一人は誰を連れて行ったのか覚えてないけど、今なら、山の翁とか、マーリンとか、アーチャーインフェルノとか、茨木童子とかウルク関連連れていけるのか・・・
胸熱だな。



そいやこのシーンクッソかっこよかった気がする。
最後の最後にティアマトを足止めする為にキングゥが「人よ、神を繋ぎとめよう(エヌマ・エリシュ)」を使ったシーン。もうね。泣く。キングゥの心境とか宝具の名前とか・・・。まさにこの時のエヌマ・エリシュってまさに人々が世界を守る為に戦ってた場面で、神であるティアマトを繋ぎとめる為に使った鎖な訳で。
最初の方で敵とわかって散々戦闘して「串刺しだね!分かるとも!」を何度も聞いて嫌いになって行ったけど、最後に向かうに連れ好きになるよね。



そいや、新人類のラフム。
初めて見て結局最後まで感想は気持ち悪い・・・
一年前やってた頃はラフムの言葉を知りたくて進めながら、訳して進めてた。
「どうすれば、いいんです なにがどのようにうごいている ぬ なんだこういうことか なるほどね なるぼとぬ なかま なかま ではない おしえて おしえて ないが いやなの うごいたねうごいたね これは これも おなじ mono おもし たのしい たのしい ギヤハハハハハ かつどうしゆうりよう」
訳は結構適当だったけど、ウルクの民を殺しながら上の発言してたり、ウルクの民が、ラフムに回帰したりってのが個人的に辛かった。(人類悪が回帰のビーストだからかな。)



ただ最後に

この禍々しさよ。かっこいい。以上。



これ終わってFateエクステラもしたんだけど、クリアして思ったことが。
「7章のビーストは女神三体の自滅覚悟の足止めと冥界チート落とし穴&バフ盛り盛りと冠クラス2人の助っ人が来てギリギリ勝てるレベルの敵。を遥か昔に全て滅ぼしてるセファールさんの化身のアルテラさんが最強。」
アルテラさん最強説。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで話しててアレだけど、エレシュキガルは我慢します。
もう石がないんだよ・・・アビーが可愛すぎて・・・
あと、私は凛派でもセイバー派でも無くて、桜派だからね。しょうがないね。
そして来年多分、セイバー村正来るからね。多少でも貯めとかないとね。
課金はできないよ・・・無職だし・・・


いかんいかん色々書いてたら結構長くなった。
ミリシタのイベント今日までだから回らなきゃなのに・・・
でわまた





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。