社会不適合者のオタクにっき

ぐだぐだと自分の事を書いてみるブログ
半分以上は自分の日記帳だけど。
その時々で思った事、書きたいことを自己満足に書いていくだけ。

この前まで無職。
元々アニメとアウトドアな事を書くつもりだったけど、結局ほぼオタ活動について書いちゃう。
最近はFategoの話題多め。
ガチ勢ではありませんが考察含め、思ったことを書いてます。原作からのファンなので色々と考察渋って楽しい。

あとこれ読んでる人ってどういう経路を来たのだろう?
時間奪ってごめんなさい。

この手の届くものを救う為の魔法。

もうね。
最近色々疲れてるし、だけどもうすぐなのはDetの公開だし。
リリカルなのはDetonationに受けてテンション上げていこうと思い。リマスター上映を見てきました。
地方なので昨日が公開日でした。


まぁ去年30回近く見た映画でしたけど、やはり良い。
もう冒頭の姉妹喧嘩のところからキリエの悲しみや思いが溢れ出してて泣きそうになる。
正直バトルシーンは何度見ても楽しめるから今回も久々ってこともあり楽しめました。やっぱり序盤のキリエVSなのフェイとか熱い。
なのフェイが二人で行動が基本なところって地味に嬉しいよね。そしてキリエに自分たちの魔術が通用しなくなった時に咄嗟に魔法ではなく、魔法を介した物理で敵を拘束するなのはとかはやっぱり主人公だなって。
中学生になって戦い方覚えてる時なら、なのはは小石を魔法で飛ばすだろうし、フェイトは魔法で発生させた電撃で攻撃、はやてならリインと氷を生成して攻撃してるだろうなって。まぁ魔法が通用しづらいガジェットドローンに使用した戦法なんだけど。
今回はAEC装備で対応って感じ。


まぁなんどもなんども見てるから新しい発見は特にはないんだけど。
あれな。
予告。すごかった。
Refと少し作画と違うのかなって思ったんだけど、あれはCGを多用してるからかな。基本ディフェンサーとか魄翼とかはCGで処理してるだろうし。
もう興奮で記憶消え変えてるけど、はやて「バルカ語!?」ってのはくっそテンション上がった。あれはやばいやろ。今までベルか語って出てたっけ?一応ベルカはvividで掘り下げられてるんだろうけど、正直vivid最後まで追いきれなかったから、よくわからない。個人的にForce好きだったし・・・・
それにしてもあすみんのベルカ語はしゅごかった・・・
あれを理解できるのって守護騎士と正統なベルカ式魔術使ってるはやてくらいなんじゃないか。はやて夜天の書の解析してるし覚えてそうだもんな。可能性あるとすればアミタとキリエもかなぁ。今回の事件でベルカと惑星エルトリアには何かしらの関係がありそうだし、アミタとキリエの設定が原作通りならば解析できてもおかしくない。
なのはとフェイトは一応ベルカ式織り交ぜてるけど、カートリッジシステムCVK792-Aを入れてるだけだしなぁ。。。流石に解読は無理そう。


それにしてもユーリの強さはやっぱ凄そうだな。ゲームでも普通に強すぎたし。
あと陸戦が多そうで個人的には楽しみすぎる。東京駅ぽいのも映ってたし、戦闘機人的な人形の使い魔っぽいのもいたから、戦闘はえそうなんだよね。
スッゲェ楽しみ。
特典は

フェイトちゃんでした。
きゃわわ。
でわまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。